サービサーとユーザ

今日はいつもよりしっかりした話をばww

(・・・といっても自分の気持ちばっかりですが。)



長いかもなので、読みたくない人はスルーでよろ。





今日、年明け一発目の東京出張でした。

打ち合わせでは刺激をもらって元気がでてきました。

やっぱりしっかりしてる女性は違うな。

楽しそうです!





で、今日いろいろあって思ったことが多々。



はっちとしての存在が一瞬

すべてかき消されたような瞬間があって

自分の必要性について考えたり。





私はTimelogというサービスの中の人でもあるし

そのサービスをほぼ毎日利用するヘビーユーザでもあって。





確かにはじめてサービスを触る人には

ここらへんは不明確なんです;





いつだったかサービスの中で

「中の人と外の人との区別をつけてほしい」と

ご意見いただいたこともありました。



その時に個人と企業用としてアカウントを分けることを考えましたが、

性格上というかなんかわからないけどできず。



そのかわり仕事モードとそうじゃないときがわかるように

すこしだけ工夫しました。





とはいえたいした変化はありません;;







やっぱり中の人はサービサーであって

ユーザではないのでしょか。







今日もう一度アカウントを分けるなりすることを

考えてみて。でもやっぱり入力するのは私なので

根本的にはかわらないだろうなと。







じゃ、書き込みをへらすとか。





そもそも書き込みにおいて中の人としての発言より

ユーザとしての発言の方が圧倒的に多い私。



これがダメな部分。

ダメ、というより「この人って中の人じゃないの?」

みたいな感じでとられる部分。





だからそもそも本当のひとりごとのみを書くとか

レスは特定の人宛になっちゃうから基本的にしないとか

中の人としての自分が優先になって利用すればいいのかもしれません。





でもそれってなんだか楽しくなさそうで

結局答えは出ませんでした。





今の私のスタンスを良いと言ってくれる人もいるし

ちょっとそれは・・・と思う人もいるかもしれませんが

中の人としてユーザさんとの距離が近い今、

どうしたらいいかと模索中。。。







そもそも他のサービスやってる人って

書き込んだり出てきたりしないんだろか。

そういうもん?





でもやっぱ私は自分とこのを使いながら

いろいろできたらなって思います。





みんなにとって重たくならない存在でいたいなと

切に思った1日でございました。







ぎゃーす

やっぱり長くなってしまた;;;



すみませんです。。。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする